img

今までと違う業種へ向かう

仕事を変える、転職をする事を考える方はいらっしゃると思います。
そんな中には転職に関しては今とは違う職種、業種への転職を考えられる方もいらっしゃると思います。
しかしながら、経験が全然ない職種への転職というのは心配な部分もたくさんあります。
別の業種への転向でも、採用される見込みを上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

1.違う業種でも同じ職種で転向するまずいちばんに考えられることは、別の業界でも似たような職種であればある程度は似ている部分があるでしょうから、同じ職種で転職先を求めるという方法です。
勿論のこと、業界によりルールが違ってきますが、即戦力として見込まれるため、未経験の職種で職を変えるよりも有利になるのです。また、そのように自分の技術を基に転職することで、より自分の強みを高めることもできます。

2.業種によってどんな違いがあるの?次に、業種によっては経験者が求められる業種や、それとは逆に経験のない人でも入れる業種があります。従って、未経験でも出来る業種を選択するというのも一つのやり方として考える事ができます。経験者優先、つまり経験が浅いと転職が難しい業種は、建設、金融、インフラ関連や資源関連などでしょう。
仕事内容の特殊性が高く離職率が低いので元から中途採用自体が少ないためです。
余程自分に専門的な知識がないのなら避けた方が無難です。逆に、経験が無い人でも採用されやすい業種は、不動産関連、外食産業、小売業、IT関連、医療福祉などを挙げることができます。

このような業界は人手不足であったり、人の出入りが頻繁に起きるので未経験でも雇ってもらえる可能性が高い業種です。しかし、MRやIT関係ですと多少専門知識が要求される所もあります。
しかし、医療系やIT系はこれからもっと成長する業種だと言えます。ですので、初めは技術の習得に苦労するでしょうが、転職しやすいうちに転職してしまうのも賢明な判断だと言えます。